サンダルウッド

サンダルウッドは非常に昔から活用されていた植物である。サンダルウッドは香木の一つで和名は白檀である。香りは寺院にいるような香り。サンダルウッドは半寄生植物で近隣の植物の根に、自らの根を寄生させて樹液を取り込む。サンダルウッドの精油は水蒸気蒸留法によって抽出される。樹の樹皮、根を裁断した小片の粉末を原料としている。香水ではベースノートとして使用されトップとミドルのノートを保留する。化粧品や機能性香料にもこの精油はよく使用されている。

学名:Santalum album

科名:ビャクダン科

採油方法:心材の水蒸気蒸留法

主な成分:α-サンタロール、β-サンタロール、サンテノン、サンタレン

ノート:ベース

PERFUMER'S LODGE

I will write about the blending of perfumes & aromatherapy.